サーベイノート詳細説明1。損傷種類。

基本損傷種類。ひび割れ、亀甲状ひび割れ、浮き、欠損、タイル枚数

Surveynote(サーベイノート)では、基本設定の損傷をカスタマイズする事が出来ます。
カスタマイズの基になるのは下の5パターン。

長さ。ひび割れ

長さは2種類ご用意があり、左のアイコンは「自由曲線」右のアイコンは「直線」となります。
損傷の幅も設定が可能で、小(0.2mm未満)は点線表示、中(0.2~1.0mm)は実線で表示というようなカスタマイズも可能です。
「直線」を追加編集することで「シーリング材」の記入にもご利用頂けます。

面積。亀甲状ひび割れ、浮き

面積は「亀甲状ひび割れ」「浮き」での使用を想定しています。
損傷範囲を選択すると、面積を自動計算します。

体積。欠損

体積は「欠損」での使用を想定しています。
範囲を選択していただき、深さを入力すると、体積を自動計算します。

範囲。デフォルト設定無

Surveynoteは縮尺を設定すると、画面内の図面に1m×1mのグリッドを表示することができますが、これはグリッド単位で損傷を塗りつぶす事が出来ます。
「範囲」も「面積」を集計しておりますので、アスファルトの劣化等でのご利用を想定しています。

枚数。タイル

「枚数」は「タイル損傷」を想定しています。
範囲を指定し、枚数をご入力ください。

特記事項

損傷記入時に良く使う「錆汁吐出」などの単語も事前に登録しておけば、打ち込む必要はなくなります。

ひび割れの登録画面 表示方法

入力時、完成後の劣化図の視認性を上げるために、Surveynoteでは各損傷毎に表示色、表示パターンのカスタマイズが可能です。 表示パターンのカスタマイズ画面。サンプルをご覧ください。

図面サンプル 出力形式 PDF
サーベイノート詳細説明2。写真一覧サンプル。出力形式、PDF
サーベイノートサンプル画像
サーベイノート詳細説明3。 数量表サンプル。出力形式、PDF、CSV、EXCEL。 サーベイノートを使ってみませんか?
page top